レインボーカフェプロジェクトの活動の拡がりをブログで日々ご紹介。「レインボーカフェプロジェクト」は障害者が自立できる社会を実現するための岡山の支援機関です。

HOME
Q&A よくある質問
メディア掲載
お問い合わせ
HOME
プロジェクトについて
設立と目的
虹に込めた思い
代表プロフィール
ビジネスモデル
活動の拡がり
活動への参加
On-line Shop
Q&A よくある質問
移動式カフェ
メディア掲載
お問い合わせ
移動販売車 情報はコチラ!

活動の拡がり

2011年10月07日

OHKのオンエアを見て

先ほどOHKのオンエア終了。
 
たまたま「障がい者の方が作った焼き菓子です。」と紹介してる部分が使われていて、
 
少し残念だったが、とにかく知っていただくことが大事なので、
 
全体的には、うちの協同事業組合の仕組みを分かりやすく紹介してくださって、ありがたかった。
 

すぐに、事務局の電話が鳴って、
 
「自分も同じような、飲食をあつかう仕事をしている。
 
厳しいことを言うが、作業にあたる障がい者がマスクをしていない、素手で食品を触っている場面があり、残念だった。
 
生管理の面でも、消費者はシビアに見ている。
 
かわいそうだから、障がい者だから、売っても、売れるのは最初だけだ。
 
せっかくやるのなら、そういったことにも気を配ってくれないと、本当の長い意味での支援にはならない。」
 
というご意見だった。

自分がそこまでチェックできていなかったことで、しまったという身が引き締まる気持ちと同時に、
 
オンエアを見て、居てもたってもいられず、すぐに電話してくださるような思いを持つ方がいらっしゃるということが心底、嬉しかった。

こういったご意見を真摯に受け止め、改善しよう。

この社会は、捨てたもんじゃない。

誠実に地道に頑張れば、きっと結果はついてくる。

勇気を持って、電話をかけてくださった方に、本当に感謝します。

←back


ページトップに戻る